オゾンに関するQ&A

ここではオゾンに関しての様々な質問にお答えします。

Q.オゾンってなに?

A.オゾン(O3)は空気中の酸素(O2)が化学反応で変化した物質(気体)です。
電気分解で空気中に含まれる酸素が化学反応を起こし、オゾン(O3)が 作られます。自然界では太陽光線の紫外線によって作られます。

身近に存在します

オゾンは通常の大気中では0.005ppm存在し、大気を自浄(殺菌・脱臭・脱色など)しています。日差しの強い海岸などでは0.03~0.06ppm、森林では0.05~0.1ppmの濃度が観測されています。また、地球を取り巻くオゾン層が有害な紫外線から生物を守っていることもよく知られています。※1ppmは1gの百万分の1という単位です。

残留毒性がありません

オゾン分子(O3)は、時間とともに安定した酸素(O2)に戻る性質があり、残留物を出しません。したがって、大気汚染問題や使用後の処理の必要がなく、環境に影響がないため二次公害の心配もないのです。

Q.オゾンはどんな働きをするの?

A.オゾンの代表的な働きは除菌力と脱臭力です。
オゾンは、気体の状態でも細菌ウイルスなどに強力な除菌効果があります。オゾンは細菌ウィルスに浸透し分解し退治してしまいます。脱臭力についても臭いの元となる物質その物を瞬間的に分解してしまいます。オゾンは、細菌やウイルス、臭いのもとを分解した後は酸素に戻ります。オゾンがはたらいた後はきれいな酸素が残ります。

除菌

オゾンは塩素の約6倍以上の殺菌力を持っています。そのオゾンを含んだ水が隅々まで行き渡るので、食中毒の原因菌などを強力に除菌できるのです。

脱臭

悪臭を他の臭いで消す芳香剤とは違い、臭いの分子を分解し、もとから絶つのがオゾン脱臭の特徴です。食品の匂いや生ゴミ等のイヤな臭いを強力に除去します。

漂白

タバコに含まれるニコチンタールなどの色素成分を分解する機能もあります。

カビ防止

床、壁、排水溝などに発生するカビも、オゾンの強力殺菌力でシャットアウト。
ぬめりや黒ずみを抑えます。

ゴキブリ忌避

オゾンは殺虫ではなく、生息しづらい環境をつくることでゴキブリを駆除します。薬品を使用しないので、二次汚染の心配はありません。

Q.オゾンは有害ですか?

A.オゾンは空気中の酸素が化学反応で変化してできた物質ですが、濃度、量、吸引する時間によって人体に悪影響を与える物質でもあります。オゾンが、人体に影響を及ぼすのはその濃度が0.1ppmを超えた場合です(USA及び日本の環境基準)。

オゾンは、私たちが空気をさわやかに感じる海岸や森などにも約0.05ppm存在しています。日常生活で空気中にあるオゾン濃度(0.01~0.015ppm)でも除菌力、脱臭力の効果は十分にあります。

Q.オゾンは空気中にずっと残りますか?

A.オゾンはとても不安定な物質で何かと「くっつく」事で安定を求める性質があります。「くっつく」ものとして細菌やウイルス、臭いの元などがあり、「くっつく」という作用が起こると同時に細菌ウィルス、臭いの元を分解してしまいます。「くっつく」ものがない場合は、一定の時間で元の酸素に戻ってしまう性質があるため空気中にずっと残る事はありません。

Q.どんなところでオゾンが使われているのですか?

A.身近な所では、スーパーなどの食料品加工作業場の除菌、鮮度保持、脱臭などにオゾンが使用されています。食品の場合は、オゾン水を使う事が多く、肉類製造加工や調理食品加工場などでは、気体のオゾンを使い工場内の空気除菌を行っている所が増えています。脱臭効果を活かした場所としては下水処理場があります。その他にも病院(院内感染予防)や畜産業の牛舎や豚舎などでオゾンが使われています。最近は病気やケガの治療方法の分野としてオゾン療法が注目されはじめています。

Q.日常生活でオゾンを使うと良い点はなに?

A.家庭内の嫌な臭い(タバコ、生ゴミ、カビ臭)をオゾンの消臭力によって取り除くことができます。また、オゾンは害虫の繁殖を押さえる効果もあるという話もあります。室内の空気中に浮遊しているカビの菌をオゾンの除菌力で分解することもできます。衣類や寝具の除菌と消臭で、アレルギー性病気予防などにもオゾン利用は効果的です。

Q.次世代浄水器を1日中使っても問題ありませんか?

A.次世代浄水器が発生させるオゾン濃度は、1日中連続使用しても最大0.06ppm以下ですので全く心配はありません。オゾンが人体に影響を及ぼすのはその濃度が0.1ppmを超えた場合です。(USA及び日の環境基準)。また、オゾンは常温で元の酸素に戻り残留物質を残しません。

最近、新しい療法として「オゾン療法」が注目を集めています。

オゾンは、鎮痛・殺菌・脱臭・消炎解毒の効果が高く、血行を良くして自然治癒力を増進し、老化を防ぐという病気治療や美容、健康増進に幅広く活用されている優れた物質です。

ドイツではすでに40年以上の歴史を有し、すでに延べ1000万人以上の患者が同法による治療を受けています。治療効果の一例ですが、糖尿病などが原因で生じる末梢血液循環不良により、末端肢から始まった壊死はついには脚の切断を余儀なくされるのですが、オゾン療法によって、脚の切断を免れた率は4割に達します。

希釈された状態で、恐ろしく効果を発揮するという典型がこのオゾン療法なのです。そして特筆すべきはオゾンが活性酸素を除去するという事実です。

オゾンは、Ⅰ型Ⅱ型糖尿病、それらによる四肢の壊疽、皮膚疾患、HIV、A型、B型、C型などのウイルス性慢性肝炎、多発性硬化症、側索硬化症など多くの難治性疾患にも効果が認められます。