マイナスイオンについて

ここではマイナスイオンに関しての様々な質問にお答えします。

マイナスイオンとは?

滝や渓流など水の多い場所ですがすがしい快適な気分になった経験はありませんか?すがすがしいのは水の多い場所のまわりの空気が、マイナスイオンを豊富に含んでいるからなのです。

イオンの大きさは1/1000mmといわれ、一般の顕微鏡でさえ見ることの出来ない微粒子です。この小さな物質には、プラスの電気を帯びたプラスイオンとマイナスの電気を帯びたマイナスイオンの二種類があり、お互いに結びついてさまざまな物質を作っています。空気中には窒素や酸素、炭酸ガス、水素などの物質(元素)が混ざり合っていますが、それぞれプラスイオン、マイナスイオンという状態で漂っています。

滝の場合、岩などに水が激しくぶつかり微細な水滴が飛び散るときに、水滴はプラスに、周囲の空気はマイナスに帯電することが知られており、その結果、マイナスイオンの多い環境が作り出されているのです。

大気中のイオンは、常にプラスとマイナスのつり合いがとれている状態とは限らず、地球内外のエネルギーや大気の状態によって、プラスイオンの多い状態に変化するときがあります。

OA機器に囲まれたオフィスやタバコの煙が立ちこめる場所、大気が汚染された場所などもプラスイオンが増加しマイナスイオンが不足している状態になっています。こうした状態のとき、人間の体にはさまざまな変調が見られることが、最近の研究でわかってきています。めまい、頭痛、肩こり、吐き気、イライラ、不眠といった不快な症状です。大気汚染の場合にはさらにひどく、肺ガンや気管支喘息(ぜんそく)、アレルギー病などの病気に引き起こしてしまいます。
マイナスイオンとは、自然が本来持っている良質な空気ということなのです。

なぜマイナスイオンが体に良いのですか?

人間は細胞の新陳代謝によって生命を維持している他に、呼吸を通して自然界に存在しているイオンを摂取しています。摂取されたイオンは細胞へ運ばれ、細胞膜を介してイオン交換が行われます。イオン交換とは、細胞内の老廃物や炭酸ガスを出して、必要な酸素や栄養素を取り入れるシステムです。そのイオンのバランスによって、体のコンディションが左右されます。

現代社会は様々な形でプラスイオンの多い環境を形成しています。電子レンジや冷蔵庫、テレビなど静電気を出しているものはプラスイオンを発生させています。マイナスイオンの多い空気は、人体の酸化物をアルカリ性に中和して、細胞内に酸素と栄養素を吸収しやすくする働きがあります。さらに老廃物を排出しやすくして細胞を活性化します。人体の生理作用を快調にするとともに、人間が本来持っている自然治癒力を高めるはたらきがあるのです。

マイナスイオンは人体にも効果がありますか?

マイナスイオンの作用

  1. 体内細胞の酸性物質(毒素)を排泄し、アルカリ性に変えて血液の循環を高めます。
  2. 細胞の活性化作用
  3. 血液の浄化作用
  4. アレルギー体質の改善作用
  5. 鎮痛作用

人体組織自らが電気を発生しており、そこへ体表面からマイナスイオンを与えたり、空気中にあるマイナスイオンを気道から吸入することで生体の酸化を抑制し、細胞の活性化が促進されます。

生体を酸化する活性酸素に対してそれを失活させる物質の事をスカベンジャーといいます。

  1. マイナスイオン(第1のスカベンジャー)
  2. 酵素(第2のスカベンジャー)
  3. ビタミンA.C.E(第3のスカベンジャー)

酸化とはある物質から電子が奪い取られた反応で、還元とはある物質が電子を受けとる反応をいいます。

マイナスイオンの人体への作用は?

安眠

マイナスイオン発生により、酸化した体内が還元され気分が穏やかになります。脳内にα波が発生し、サワヤカな安眠を誘い、より深い熟睡へと導きます。沈静効果で、興奮した神経も休まり、グッスリ眠れます。安眠は、ストレスの解消にもつながります。副交感神経活性の働きを助けます。

精神安定作用

マイナスイオンは、気持ちを落ち着かせ、幸せ感を増幅させるベーター・エンドルフィンを活性化させるといわれています。脳内ベーター ・ エンドルフィンは、精神安定に作用し免疫力を向上させ、また病気に打ち勝つ力も与えます。病は気からの気を根本的に強化するのがマイナスイオンです。

自律神経調整作用

不眠・頭痛・ぜんそく・リウマチ・肩凝り・腰痛・慢性疲労 ・神経痛・イライラ などの症状はプラスイオンが影響しているといわれています。マイナスイオンは自律神経のバランスをとり、頭脳は沈着冷静・手足は暖かい、すなわち(頭寒足熱)の健康的な体に改善します。

■血液の浄化作用
健康な血液は弱アルカリ性です。プラスイオンは、血液を酸性に変化させるため、万病のもととなります。マイナスイオンは、この酸性血液を中和し、健全で
抵抗力のある弱アルカリ性の血液に変えます。

環境への作用は?

  • 科学的・電気的・放射性物質などが原因の空気汚染を浄化
  • 新建材などから室内に気化して発生するホルムアルデヒドなどの有害物質を浄化
  • タバコの煙や不快な臭いを分解・消臭
  • 殺菌作用(ダニの死骸・糞)による空気汚染の防止
  • カビの発生防止や臭いの除去
  • 小害虫(蝦・シロアリ)の侵入防止
  • 鉢植え植物の成長を促進

どうしてマイナスイオンが注目されるのですか?

私たちは、日常空気を吸うことで自らの複雑な生体を維持しています。空気には窒素、酸素、炭酸ガス、水素といった元素がそれぞれの割合で混合しており、私たちはそれらを一緒に体に取り入れています。呼吸を通じてプラスイオンとマイナスイオンも同時に体に取り入れていることになります。

大気中のイオンの状態が、いつもプラスとマイナスでバランスがとれていればよいのですが、いまはそのバランス(中性)が保てなくなっています。
二十世紀初頭、大気中のイオンはプラスイオン1に対して、マイナスイオンは1.2でした。ところが現代の大気の状態は、プラスイオン1.2に対して、マイナスイオンは1という割合です。わずか一世紀の間に、イオンバランスが逆転してしまったのです。いまの私たちの生活環境はプラスイオンにとり囲まれているのが実態です。

原因は、私たちが作り上げた文明、それも爛熟し尽くした近代文明が地球が本来持っている自然環境の回復能力を破壊してしまったからです。自動車がまき散らす排気ガスがその代表です。これはプラスイオンを増殖させる最たるものです。

そのほか、工場などから排出される各種の煤煙、汚染された河川や酸性雨、ゴミ焼却時に出るダイオキシン、農薬、各種食品添加物(化学物質)、毒性がある新建材接着剤(ホルムアルデヒド)その他もろもろの日用品に使用される有機リン化合物質や、宇宙の果てから放射される放射線の類もプラスイオンを増やしています。

さらに破壊されたオゾン層から降り注がれる紫外線も、プラスイオンを作り出す大きなファクターになっています。急速に普及したテレビやコンピュータ、電子レンジなどから放出される「電磁波」もプラスイオンの仲間です。

物がさびたり、酸化するのは電子が奪われる現象ですが、生体でも同じ事が細胞で起こり病気の誘因、また老化を早めたりもします。環境、とりわけ「空気」の善し悪しが健康に大きく影響することから、プラスイオン(悪い空気)か、マイナスイオン(良い空気)かがいま注目されているのです。